2008年08月04日

身辺調査

こんばんはアナベベです。

僕は現在2年程勤めた夜勤のアルバイトをやめて、就職活動しつつお昼のバイトをしている身分です。

今日面接でした。自動車部品の営業です。
ハローワークからの応募で、受験者は現時点で2名。
午前はSPIと健康診断。
健康診断を採用活動の初っ端にやる会社ってなかなか珍しいですよね?

午後から面接でした。
自慢じゃないですが僕の履歴書はもうボロボロでして、正社員での雇用が3回。うち2回は3ヶ月で退職。その後期間工を経て現在フリーターです。

面接では嘘も方便と考えてる僕ですが、退職理由などは現状では取り繕えば余計にいいわけがましい感じがするので、当時多額の消費者金融からの借金があり精神状態が普通じゃなかったことは伏せた上で、70%の事実と30%のさり気無い嘘っぱちを混ぜて面接してきました。
内容は悪いものの正直に話してるイメージを持ってもらうのが狙いです。その上で、とにかく今の僕は頑張るしかないし、そういう環境にいるからこそ無傷の人より頑張れるってことをアピールしてきました。結果はどうあれ、真剣に話しを聞いてもらえて充実した面接だったように思われました。

面接の最後に人事担当から言われた一言。
「失礼とは思うんですが、借金とかはあったりしませんか?大丈夫ですよね?」

相手は形式的な質問だと思いますが、僕の背筋は凍りました。
僕は「ありません」と短く答えました。

面接終了後、僕は不安に駆られました。
もし仮に金融機関以外の採用活動に於いても日常的に信用情報等がわかる仕組みがあるのであれば、任意整理をして現在も残債のある僕には就職は無理なんじゃないか?と本気で焦りました。

帰宅後、YAHOO知恵袋、教えてgoo、を利用して調べてみました。

結果
・金融機関以外では直接的に調べる手段を持たない。
・個人情報保護法施行後、法律的に身辺調査はやってはいけない。
 まともな会社は現在はやらない。

ということがわかりました。

とはいえ人事という面接のプロが僕の履歴書をみた時、「こいつ借金があるんじゃないか?」と疑問を持たせるのではないか?という不安は頭に残りました。

そしてひとつ元々気にはしてたんですが、どうにもならないので頭から追い出していたことを思い出しました。
会社に入社すると付き合いのある銀行の口座とともにクレジットカードの入会も半強制的にある企業も結構あるんだということを。

そうはいってもどうしても就職したいですし、クレジットカードに関してはどうにもならないので祈りながら頑張ります。

借金ブログランキング
【関連する記事】
posted by アナベベ at 21:18| Comment(0) | 就職活動(社会復帰へ向けて) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。